search
archive
category
  • カテゴリーなし

技術者

近年仮想コンピュータシステムの開発、発展が目覚ましくなっており、さまざまな端末を利用してクラウドサービスなどの利用が容易になってきました。そんな革新すさまじいIT業界において、仮想コンピュータを作成するソフト販売で業績を上げているのがアメリカ・Vmware社です。

Vmware社で販売されている仮想コンピュータソフトの名前もVmwareであり、社名と共有しています。つまり、Vmware社は仮想化ソフトを専門に開発・販売しているわけです。

そして、このソフトを使用する際にもある程度の知識を持った技術者が求められています。そのため、Vmware社は自社ソフトを扱う技術者の資格を設けるのです。それがVCP(VMware Certified Professional)です。このVCP資格試験を受けることにより、自社が認定した技術者を育てることを試みています。

VCPの資格試験を受験するためには、トレーニングセミナーを受けておかなければなりません。Vmwareが公認したセミナーであり、日本で受けられるのは大手IT企業のセミナー部門です。このセミナーを数日にかけてみっちり受講し、そこからさらに受験に臨んで合格することが求められます。

VCPという資格は、ITエンジニアがこぞって受験している資格試験です。業界においては持っていて損はないといえるでしょう。

OUT LINK

オンラインセミナーを行うならこちらへ|アルカディン・ジャパン

calendar
2014年10月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031